トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号28-043

管理番号28-043
検査時間を大幅短縮したFMD検査装置の開発・海外展開

計画名

検査時間を大幅短縮したFMD検査装置の開発・海外展開

申請区分: 海外市場の獲得

事業概要

国内で育成されたFMD検査の世界普及を目指す。
国内では専用装置が開発され、いち早く診療に血管内皮機能FMD検査が採用されている。ここで蓄積されたノウハウと、心血管疾患の予防指標としていかせる健診で、要求される検査時間短縮を実現させた短時間FMD検査装置の製品化をもって、FMD検査先進国としての日本から世界へ、ゴールドスタンダードとなる検査機器の市場展開に向け、影響力ある医療先進国の欧米において、FMD検査実用性の再認識と検査技術普及を促す拠点作りを行う。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 UNEX EF38S 一般的名称 汎用超音波画像診断装置
クラス分類 日本:クラスⅡ
欧米MDD:Class Ⅱa (EU離脱後の英国:不明)
米国510k :Regulatory Class II
許認可区分 認証
申請区分 後発医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 株式会社ユネクス 製販業許可 取得済み

上市予定

国内市場 海外市場(具体的に:米国、英国、欧州、中国、東南アジア)
薬事申請時期 2017年 2018年(米国)
2019年(欧州)
上市時期 2017年 2018年(米国)
2019年(欧州)

事業成果

平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 事業化製品
- - - 成果報告 - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
株式会社ユネクス 豊田通商株式会社
国立大学法人名古屋大学
国立大学法人広島大学