トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号28-027

管理番号28-027
数値流体力学による脳動脈瘤血管内治療リスク判定システムの開発・事業化

計画名

数値流体力学による脳動脈瘤血管内治療リスク判定システムの開発・事業化

申請区分: 医療費削減効果

事業概要

本事業は、脳動脈瘤の治療を支援するシステムを開発する。本システムは、脳動脈瘤の血管内治療であるコイル塞栓術を対象とし、コンピュータシミュレーション(数値流体力学)を用いて、術前画像情報から術後瘤再発リスクを判定する。医師は再発の危険性が高い動脈瘤を術前に判別でき、危険性が高い動脈瘤には再発リスクの低い治療法を選択するという方式で、動脈瘤の術後瘤再発リスクを低減する。本システムの上市により、治療成績が向上することで再治療に伴う医療費を削減できる。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 コイル塞栓術後瘤再発リスク診断プログラム 一般的名称 未定
クラス分類 クラスⅡ 許認可区分 承認
申請区分 新医療機器または改良医療機器(臨床あり) 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 株式会社根本杏林堂 製販業許可 取得済み

上市予定

国内市場 海外市場
薬事申請時期 2020年 2022年(欧州)
2023年(米国)
上市時期 2021年 2023年(欧州)
2024年(米国)

事業成果

平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 事業化製品
- - - 成果報告 - - -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

実証事業コンソーシアム構成メンバー

代表機関 分担機関
株式会社根本杏林堂 イービーエム株式会社
アミン株式会社
国立大学法人東北大学大学院
広南病院
国立大学法人東京大学医学部附属病院
国立大学法人東京医科歯科大学
地方独立行政法人神戸市民病院機構 神戸市立医療センター中央市民病院
早稲田大学理工学術院