トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号27-205

管理番号27-205
人工呼吸器の換気に同期した自動痰除去システムの開発・事業化

計画名

人工呼吸器の換気に同期した自動痰除去システムの開発・事業化

申請区分: 周辺分野開拓

事業概要

本研究開発は、人工呼吸器装着時における喀痰操作を自動化し、操作者の負担軽減、事故防止、患者の苦痛減少を目的とするものである。とくに、操作時の医療事故は毎年発生しており、操作者(主に看護師)にとっては責任の重い業務である。
本システムは気道内の吸気呼気をセンサにて把握、吸気あるいは呼気時に自動的に痰の補足を検出、幅広い条件下で痰の除去を行うものである。
また、本件は東九州メディカルバレープロジェクトの一環として行っている事業である。ここでは、大分県から宮崎県に広がる東九州地域において、血液や血管に関する医療を中心に産学官が連携を深め、医療機器産業の一層の集積と地域経済への波及、更にはこの産業集積を活かした地域活性化と、医療の分野でアジアに貢献する地域を目指している。プロジェクトは、大きく分けて4つの柱からなっている。本研究開発は、研究開発の拠点づくり、医療機器産業の拠点づくりに該当し、プロジェクトの中心的事業に位置づけられている。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報
製品名 自動痰吸引システム 一般的名称 ※未確認
クラス分類 クラスⅢ想定 許認可区分 承認
申請区分 後発医療機器または改良医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 九州クリエートメディック 製販業許可 取得済み
上市予定
国内市場 海外市場(具体的に: )
薬事申請時期 2019年 2020年
上市時期 2020年 2021年

事業成果

平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 事業化製品
- - - 成果報告 - - -

メディア掲載

メディア 内容
読売新聞 2015年6月19日31面「呼吸器外さず 痰自動吸引」

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
学校法人順正学園九州保健福祉大学 アルバック機工株式会社
株式会社メディカルシード
九州クリエートメディック株式会社
国立大学法人宮崎大学医学部
宮崎県立延岡病院