トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号24-134

管理番号24-134
合併症を低減する留置カテーテルの製品化

計画名

合併症を低減する留置カテーテルの製品化

事業概要

近年、特に抗癌剤による全身化学療法の普及と共に、カテーテルの留置期間は長期化する傾向にあり、それに伴って留置中の合併症も増加している。本研究では、カテーテルを長期に、安全に留置できるよう最適化することを目的とし、表面に抗血栓性のコーティングを施し、キンクフリーで、血液の逆流を防止するバルブを備えたカテーテルの製品化を進め、同時に留置手技の最適化を含めた包括的な検討を行い、2年以内の上市を目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 IVカテーテル 一般的名称 体内植込み用カテーテル
クラス分類 クラスⅣ 許認可区分 承認
申請区分 改良医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 株式会社パイオラックスメディカルデバイス 製販業許可 取得済み

上市予定(委託事業終了時)

国内市場 海外市場(具体的に:)
薬事申請時期 2014年 韓国での販売を検討中(現時点未定)
上市時期 2015年 -

事業成果

平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 事業化製品
- - 成果報告 成果報告 - - 製品概要

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
株式会社パイオラックスメディカルデバイス 国立大学法人東京大学
群馬県立がんセンター