トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号23-174

管理番号23-174
異種生体情報を統合表示する術中言語機能モニタリングシステム(IEMAS)の実用化

計画名

異種生体情報を統合表示する術中言語機能モニタリングシステム(IEMAS)の実用化

事業概要

本研究は、脳外科手術で言語機能に関わる合併症を予防するため、精確な術中情報(患者表情・覚醒度、腫瘍位置画像、手術画像)の統合機を医療機器として実用化することをねらいとします。安全性、操作性および情報伝送技術に改良を加え、災害などの有事における従事者の意思疎通を強固なものとします。さらに、脳外科以外の医療技術(カテーテル治療、放射線治療、ER)にも展開できるよう開発を進めることを目指します。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 IEMAS 一般的名称 -
クラス分類 - 許認可区分 -
申請区分 非医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 - 製販業許可 -

上市予定(委託事業終了時)

国内市場 海外市場(具体的に:アジア諸国)
薬事申請時期 - -
上市時期 2013年 2015年

事業成果

平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 事業化製品
- 成果報告 成果報告 成果報告 - - 製品概要

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
学校法人東京女子医科大学 有限会社安久工機
株式会社アスター電機
学校法人岩手医科大学