トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号23-106

管理番号23-106
不妊治療効率向上を目的とした低侵襲子宮着床能判定装置の開発

計画名

不妊治療効率向上を目的とした低侵襲子宮着床能判定装置の開発

事業概要

不妊治療の治療効率を向上させるためには現在ブラックボックスである受け入れ側の子宮の着床能を前方視的に評価しその周期ごとの治療方針に反映させなければならない。これまでそのような装置はなかった。我々の基礎研究において発見した知見を診断機器に応用する。本医療機器は、既存技術を新規効能効果のために改良したものであり、国内外に他に競合するものがなく、日本発の医療機器として世界に発信できるものである。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 子宮or膣のパラメータX or Y測定装置 一般的名称 該当なし
クラス分類 クラスⅡ 許認可区分 認証 or 承認
申請区分 後発 or 改良医療機器 承認・認証番号等 -
薬事申請予定者 山科精器株式会社 製販業許可 取得済み

上市予定(委託事業終了時)

国内市場 海外市場(具体的に: )
薬事申請時期 2015年 2019年
上市時期 2018年 2020年

事業成果

平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 事業化製品
- 成果報告 成果報告 成果報告 - - 製品概要

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成イメージ

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
国立大学法人大阪大学 学校法人大阪電気通信大学 医療福祉工学科
山科精器株式会社
東レ・メディカル株式会社