トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号22-176

管理番号22-176
極狭部の癌に適応可能な低侵襲レーザー治療器の開発

計画名

極狭部の癌に適応可能な低侵襲レーザー治療器の開発

事業概要

近年、癌治療にレーザーを用いた治療がなされているが、従来のレーザー治療では、内視鏡と組み合わせることが多く、内視鏡の径が太いなどの制約により、肺の末梢部や子宮腔内などへのアクセスが困難であった。本研究では、観察とレーザー照射を1本の光ファイバで同時に行える「複合型光ファイバ技術」を応用して、体内の様々な狭い場所にアクセス可能で、体への負担が極めて少ないレーザー治療器の製品化を目指している。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 低侵襲レーザー治療器 一般的名称 焼灼・PDT用低侵襲レーザー治療器
クラス分類 - 許認可区分 -
申請区分 - 承認・認証番号等 -
薬事申請者(製造販売業) ファイバーテック株式会社 製販業許可 取得済み
製造業 ファイバーテック株式会社 販売業 ファイバーテック株式会社

上市予定

国内市場 海外市場(具体的に: )
薬事申請時期 -年 -年
上市時期 -年 -年

事業成果

事業概要 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 事業化製品
概要資料 成果報告 - - - - - -

メディア掲載

メディア 内容
- -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
独立行政法人日本原子力研究開発機構 学校法人東京医科大学
公立大学法人奈良県立医科大学
ファイバーテック株式会社
エーテック株式会社