トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号22-108

管理番号22-108
超低侵襲手術である単孔式内視鏡手術及びニードルサージェリーにおける臓器損傷回避用接触センサーを適応したデバイスおよび手術トレーニングシステムの市販化モデルの開発

計画名

超低侵襲手術である単孔式内視鏡手術及びニードルサージェリーにおける臓器損傷回避用接触センサーを適応したデバイスおよび手術トレーニングシステムの市販化モデルの開発

事業概要

胃腸、食道、胆嚢等の内臓疾患切除手術において、近年、患者の負担の少ない低侵襲手術法である鏡視下手術(腹腔、単孔式、ニードルサージャリー)に大きな期待が寄せられている。しかし開腹手術に比して視野の狭さ、細径デバイスを使用するために臓器接触時において、損傷の危険が高い。また、専用手術デバイスや手術技向上用トレーニングシステムも不在。そこで本事業では、精密加工技術と、接触センサー技術を駆使し、安全性を追求するためのセンサー付加手術用デバイスとトレーニングシステムの研究開発を行い、製品化を目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 接触センサー摘要内視鏡手術用鉗子 一般的名称 内視鏡用処置具およびトレーニングシミュレータ
クラス分類 クラスⅠ 許認可区分 -
申請区分 - 承認・認証番号等 -
薬事申請者(製造販売業) 株式会社スズキプレシオン 製販業許可 取得済み
製造業 株式会社スズキプレシオン 販売業 株式会社スズキプレシオン

上市予定

国内市場 海外市場(具体的に: )
薬事申請時期 -年 -年
上市時期 -年 -年

事業成果

事業概要 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 事業化製品
概要資料 成果報告 - - - - - -

メディア掲載

メディア 内容
- -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
鹿沼商工会議所 株式会社スズキプレシオン
株式会社橋本精機
国立大学法人九州大学
国立大学法人信州大学
栃木県産業技術センター