トップ > 実証事業(委託事業) > 実証事業の採択団体一覧 > 管理番号22-004

管理番号22-004
Augmented Endoscope (内視鏡下脊柱管狭窄症手術の術前・術中支援システム)

計画名

Augmented Endoscope (内視鏡下脊柱管狭窄症手術の術前・術中支援システム)

事業概要

「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」は、脊椎骨(せきついこつ)の変形等による神経の圧迫が原因の疾病である。この病気の治療では、内視鏡手術で変形した骨を削ることが有効だが、この手術は手術対象部位の識別が難しく、術者に高いスキルが要求される。 本研究では、患者自身のCT検査データ等を元に、手術対象部位を識別するための支援システムの開発を行う。これにより、本手術に対する医師の負担軽減、手術の安全性向上と術式の普及を目指す。

事業化する医療機器等の概要

事業コンセプト

基本情報

製品名 - 一般的名称 手術ナビゲーションユニット
クラス分類 クラスⅡ 許認可区分 -
申請区分 - 承認・認証番号等 -
薬事申請者(製造販売業) パナソニック メディカルソリューションズ株式会社 製販業許可 取得済み
製造業 パナソニック メディカルソリューションズ株式会社 販売業 パナソニック メディカルソリューションズ株式会社

上市予定

国内市場 海外市場(具体的に: )
薬事申請時期 -年 -年
上市時期 -年 -年

事業成果

事業概要 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 事業化製品
概要資料 成果報告 - - - - - -

メディア掲載

メディア 内容
- -

コンソーシアム体制

実証事業コンソーシアム構成メンバー

事業管理機関 事業実施機関
パナソニックメディカルソリューションズ株式会社 イーグロース株式会社
公立大学法人和歌山県立医科大学
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
学校法人島津学園 京都医療科学大学